スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.09.30 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    防災グッズは何を用意したらいいの?震災発生時に携帯しておきたい防災グッズについて

    0
      そういえば昨年2014年末、安倍首相が18日夜のTBS報道番組「ニュース23」出演した時のこと。 番組オンエア中に安倍首相から、 まさかの「この先、日本で大規模な震災が発生する」ことを想起するような発言が飛び出したんですよ!


      150605_01.jpg    


       
       


      というのも、 2017年4月の消費税率の10%への引き上げについて、
      「巨大天変地異などがあれば、法律を改正して再度延期することもあり得る」 みたいなことを言ったんですが、    



      天変地異? (´・ω・)    



      まあ、首相的に「よっぽどのことがない限り、これ以上消費増税は先送りしないよ」という意味合いのつもりだったのでしょうが、 「天変地異」って言葉に、 そこだけへんに際立ったトーンを感じたというか、妙な違和感を感じたんですよね。






      もしかして 安倍さんら 知ってたがゆえに 思わず失言したのかしら?



      近い将来、 『天変地異的ドエライことが起こる』ってこと。 (´・ω・)    




      ・・・てなこと考えていたら、 なかなか面白いブログを、またしても見つけてしまいました。



      こちら


      ↓↓↓
         
      「消費税10%を1年半も延期して衆院解散を決めた安倍総理、 近未来、リーマンショック級の金融危機と巨大な天変地異が起きることを黙示しているのか」 - 新ベンチャー革命 - Yahoo!ブログ (2014-11-19)    







      内容の一部を抜粋しますと、
      『安倍氏はリーマンショック級金融危機と巨大天変地異という言葉をあえて発したのです。これは、恐らく、失言でしょう。言ってはいけなかった禁句だったはず』

      『3.11事件同様に、1985年の日航機御巣鷹山墜落事件や1995年の阪神淡路大地震事件も偽装事故・人工災害の疑いあり』

      『米国では、新自由主義者の国際金融資本がぼろもうけする際に行う偽装事故や人工災害は、「ショック・ドクトリン」と命名されている』

      (ショック・ドクトリン・・・惨事便乗型資本主義、惨事便乗商法)    





      ちょっと陰謀論めいた考察にも聞こえなくもないですが、 ただ、 2014年下半期の、突然の衆議院解散、長野北部地震、それから高倉健さんの突然の訃報・・・ そういえば 「エッ?!(;;゜д゜)ナンデ?!」と驚かされることの連続でしたよね、昨今。  
      考えすぎといえば考えすぎなのかもしれませんが、 かといって、この妙な連鎖がなんら因果がない、とも言い切れないわけで。      





      備えあれば、なんとやら、と言いますしね。 そんなわけで、
      「震災など緊急事態の発生に備え、準備しておきたい防災グッズ」についてお話します。    





      あなたのお家では、防災用品を準備しているでしょうか? こまめにストックを備蓄してるでしょうか?  
      東北大震災発生直後はあわてて諸々買い揃えたものの、 1年2年と立つうちに、 水や非常食の賞味期限が切れたままになっていたり、 懐中電灯の電池もバッテリ切れで使えなくなってたり、 そもそも、防災グッズ自体、わが家のどこに収納していたかすら忘れていたり。(すべて私のことです・・・)     実際、地震発生時に、まず何を持って避難所に移動したらいいのか、 ライフラインが止まって避難所での生活が始まった場合、どんなものが実際必要になるのか、 意外とパッと思いつかないですよね・・・ そんなわけで、これについても非常にタメになる記事を見つけたのでご紹介します。  



      こちら
      ↓ ↓ ↓
      「防災グッズは何を用意したらいいのか?」 オールアバウト 暮らし




      ※災害危機管理アドバイザー和田隆昌さんの記事。     そもそも「防災グッズとして、何を持ってたらいいのか」って分からなくないですか? 確かに、こんな感じでセット売りされたものもありますよね。


           




      だけど、ホントに必要なものなのか、これでホントに事足りるのか、 これで何人分(もしくは何日分)に相当するのか、分からないですよね。


      個人的にはですが、カンパンとか水だけで炊ける米(アルファ米だっけ?)とか要るのか?って思います。
      むしろ、わが家は猫がいるので、猫用のグッズも必要なので、当然ながらこの防災セット1袋だけでは充分ではないです。    




      で。 この記事によると、 防災用品を選ぶポイントは、以下4点。  

      優先度の高い順に列挙しますと、

      1、生命の危機に陥るリスクを軽減するもの
      2、自宅が危機に面した場合に避難を手助けするもの
      3、避難先が避難所などで避難生活が長期に渡る場合、健康をなるべく維持するために必要なもの
      4、避難生活を快適にすごせるようにするもの  


      上記の優先順位を参考に、 各家庭(各個人)ごとに、オリジナルの防災グッズを揃えるのがイイようです。    



      ちなみに、よくいわれる「水と食糧3日分の用意」も、優先順位的には最後の方でOKとのこと。
      確かに、国内で起こった災害で、水や食糧不足が理由で亡くなった方っていないですよね。
      避難所に備蓄品が貯蔵されてたり、数日中になんらか物資の支援があったりしますしね。    





      では、具体的に、
      「家庭であらかじめ用意しておくべき災害時の準備用品」、
      「災害発生後、避難所へ向かう際に携帯する非常持ち出し袋に入れておくもの」などについて、列挙します。      






      【家庭で用意しておくべき災害時の準備用品リスト】  
      飲料水 
      1人1日3リットルが目安 (家族3人で2リットルペットボトル12本〜18本用意。飲用のみで3〜4日分)

      非常食
      保存期間が長く火を通さないでも食べられる食品 (レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など安価な日用品をストックして古いものから消費していけば良い)。 保存可能期間2年〜5年のものが理想的  

      医薬品
      常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、脱脂、ばんそうこう、はさみ、ピンセット、消毒薬、整腸剤、 持病のある方はその病気のための薬(薬品名のメモも) ※小児、高齢者のいる家庭は別途必需品を用意  

      衣類
      重ね着の出来る衣類、防寒具、毛布、下着類、靴下、軍手、雨具、カイロ  


      停電時用
      懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ、予備の電池 ※携帯ラジオは手巻きの充電式が便利。最近のものは携帯も充電できる。  


      避難所への持ち込み用グッズ
      着替え、毛布、布団、寝袋、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類、スプーン

       
      緊急時の避難・救助用
      笛、コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯、シャベル、バール、ノコギリ、ハンマー等の工具

       
      貴重品
      現金(硬貨)、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証など  


      長期避難用アウトドアグッズ(キャンプ用品で可)
      燃料、卓上コンロ、ガスボンベ(予備ガスは多めに用意)、 固形燃料、調理用具、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート 断水に備えて携帯用トイレ・簡易トイレ(マンション住民は必須)、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用)  


      役に立つ日用品
      布粘着テープ(油性マジックを使ってメモに使用したり、ガラスの破片を取るときに利用できる)、 ラップ(水不足の時に食器に使用、保存など多用途に使える)、 梱包用ひも、風呂敷、ダンボール      







      【非常持ち出し袋にいれておくもの】 (一次持ち出し品)
      飲料水(500mlペットボトル数本) 非常食(菓子類・ゼリー状の食品) 医薬品(消毒薬、三角巾、胃薬、解熱薬など) 簡易食器セット(家族分) 衣類(防寒具)懐中電灯 携帯ラジオ 電池 現金(10円玉も) 貴重品 ローソク・マッチ・ライター ロープ・ビニールシート・雨具 ナイフ、ハサミ、タオル(大小) 洗面道具(旅行用で可)ウェットティッシュ ビニール袋 携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具       ※また、こんなものも。優先度は低めですが、参考までに。





      災害時にあると便利なもの(二次持ち出し品)
      裁縫セット、ランプ、ランタン、ヘッドランプ、カイロ、サバイバルシート、折り畳みポリタンク、 車輪付き旅行バッグ、台車、かご付き(荷台付き)自転車、小型バイク 、 キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用品一式)、 非常用浄水器(町内会やマンション自治会などで用意)    





      避難所であると快適に過ごせるもの
      耳栓、安眠マスク、携帯マクラ、菓子類     「備えあれば憂いなし」です。せひ参考になさって下さいね!        




       




       

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.09.30 Wednesday
        • -
        • 08:12
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        PR

        アクセス解析

        円高

        selected entries

        search this site.

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM