スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.09.30 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    犬猫などペットのための災害対策(1)避難所にペットを連れて行くことはできるの?

    0
      このブログをお読み頂いている方の中にも、ご自宅で犬や猫などと一緒に暮らしていらっしゃる方も少なくないと思います。
      実際、私もその一人です。犬や猫だって大切な家族。何があっても彼らの身の安全を守り、共に幸せに生きていきたいですよね。  


      ですが、人間用の地震などの災害対策マニュアルはたくさんあり、広く知れ渡っていますが、
      ペットのための災害マニュアルって、あまり聴いたことがないですよね?    

      もし自宅で一緒に地震に遭遇したらどうすればいいのか? 万一、私たち飼い主不在のお留守番事に、ペットが単独で地震に遭遇したら? そもそも避難所にペットも一緒に連れて行くことが可能なのか? 災害対策のため、彼らも私たちと一緒に無事に元気に生き延びるためにはどんな準備をしたらいいのか、などなど。    

      今回は、「ペットのための災害対策」についてお伝えしてまいります。
      150610_01.jpg 
      画像 http://www.123petlife.com/    
      ※尚、本記事では犬や猫を対象にお伝えしていきます。犬猫以外の動物についても基本は同じだと考えています。 食糧やトイレ用品などについては、彼らが生活する上で必要なものを想像しつつ、お読み進め頂くことをお勧めいたします。    



      ペットと暮らされている方にとっては、災害対策にあたり、まず気になるのはこれではないでしょうか?




      ◆避難所にペットを連れて行くことはできるのか?   できます。


      避難所にペットを連れて行くことはできます。
      むしろ、私たち飼い主は彼らペットも一緒に連れて逃げることが必要です。  


      というのも、 動物愛護管理法を管轄する環境省は、『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』をHPで発表し、
      その中でも、「災害が起こった時に飼い主はペットと同行避難することが基本」と定めています。    



      *ガイドライン詳細はこちら
      ↓ ↓ ↓
      『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』(PDF)    




      これにはただ単に、「ペットだって大切なあなたの家族だから」という動物愛護的見地のみからペットとの同行避難を勧めているわけではなく、 飼い主のペット同行避難を推奨しているのには、明確な理由があるんです。    




      「過去の災害において、ペットが飼い主と離れ離れになってしまう事例が多数発生したが、このような動物を保護することは多大な労力と時間を要するだけでなく、その間にペットが負傷したり衰弱・死亡するおそれもある。 また、不妊去勢処置がなされていない場合、繁殖により増加することで、住民の安全や公衆衛生上の環境が悪化することも懸念される。 このような事態を防ぐために、災害時の同行避難を推進することは、動物愛護の観点のみならず、放浪動物による人への危害防止や生活環境保全の観点からも、必要な措置である。」
      (災害時におけるペットの救護対策ガイドライン 「飼い主の役割・同時避難」より抜粋)      






      要するに、ペットとの同時避難は、飼い主の責任を果たし、動物達のいのちや健康を守るという動物愛護上の理由はもちろん、 万一飼い主と離れ離れになった際の、動物達の保護に関する時間や労力を最低限に抑えるためでもあり、   また、放し飼い状態になったペットたちが繁殖して個体数が増える可能性もあります。
      その結果として考えられる、野良犬に飛び掛られてケガをしたなど「地域住民の安全」や、野良犬野良猫などの糞尿、ノミやダニ、さらには感染症の発生リスクなどによる「公衆衛生上の環境悪化」を最低限守るためでもあるんです。  


      さらに、万一、ペットを置いて飼い主(と家族など)のみで避難所に避難したものの、 余震が続く、二次災害が起こったなどの理由から「一時帰宅」が許されず、避難所生活が長くなり、ペットと離れ離れのまま、長期間に渡って彼らペットの安全や健康を守れないケースも考えられます。    


      地震など災害が起こった際、あなたの大切な家族であるペットたちも一緒に避難しましょう。  


      そのためにも、平常時から、私たち人間が災害から身を守り、避難時の備えをするのと同じく、災害に備えたペット用の備 蓄品の確保、避難ルートの確認等の準備をしておくことが必要。 そして、避難時にまわりの方々に迷惑をかけないよう、そして彼ら自身も安心して過ごせるように、ふだんから必要なしつけや健康管理を行うこと、コミュニケーションをとることなどが大切です。        






      ペットとの同時避難では、普段以上の注意や配慮が必要。  

      150610_02.jpg
      画像 http://www.asahi.com/    


      「同時避難原則」としても、普段どおり、ペットと過ごしていればいいわけではないです。 大勢の人が共同生活を送る避難所や仮設住宅などに滞在時については、ペットを連れていない避難者への配慮やペット自身のストレスの軽減など、飼い主には普段以上のさまざまな配慮が必要になります。  



      環境庁発表の『災害時におけるペットの救護対策ガイドライン』の中にも記載がありますが、   東日本大震災に伴う自治体へのアンケート調査結果を行ったところ、避難所でのペットのトラブルとして、さまざまな意見や苦情が寄せられました。  



      中でもいちばん多くの苦情が寄せられたのは「犬の鳴き声やニオイ」の問題。  
      ほか、
      ・避難所で犬が放し飼いにされ、寝ている避難者の周りを動き回っていた
      ・ペットによる子供への危害が心配、
      ・ノミが発生した
      など、飼い主による適正な飼育が行われていないことによるトラブルが多く見られたようです。  


      また、 「アレルギー体質の方がいることから、避難所内で人と同じスペースで飼育することが難しい状況があった」 など健康への影響についての報告があるほか、  
      「他の避難者とのバランスを考慮してもらえず、自分のペットへの過度の要望を通そうとする避難者がいた」など、飼育自身のマナーに関する意見も各地で報告されたそうです。      


      確かに自分にとっては「可愛い大切な家族」であっても、犬や猫などが苦手な方もいますよね。 また、犬や猫以外の動物だって同じ。自分にとっては「可愛い」「何をやっても気にならない」存在であっても、 そうではない人(嫌いな人、苦手な人)にとっては、恐怖や不安、不快感を覚える対象にしかならないことは充分ありますものね。    


      場合によっては、ペット同行避難が認められず、 ペットを他の動物保護施設に預ける等、ペットと離れ離れで避難せざるをえなくなった、 さらには、ペットの避難所での飼育が困難なため、泣く泣くペットを手放し、被災地外の方に譲渡した、ということもあったようです。      



      いろんな方々が共同でスペースをシェアする避難所生活。 同じ避難をされている方たちにも、あなた自身も、そしてあなたのペットたちも安心して過ごせる配慮を。    



      ※また、避難所によっては、ペットの避難所同行を認めない場合もあり、特に、災害発生直後は自治体もまず人員の保護と、避難所の運営管理の初期対応に追われるあまり、ペットの避難や保護等が後回しになることも多く、 結果、避難所にいる飼い主たちが自主的にルールを決め、スペースを作り、自主管理するということも少なくなかったようです。 ペットの同行避難については、あなたがおすまいの地区町村等の役所や自治体におたずねください。    


      *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
      ※あわせて こちらの記事もどうぞ。

      『ペットのための災害対策』シリーズ

       犬猫などペットのための災害対策(1)避難所にペットを連れて行くことはできるの?

       犬猫などペットのための災害対策(2)ペットのための防災セットは何を用意したらいい?    

      ・ 犬猫などペットのための災害対策(3)飼い主とペットが別々の場所で地震にあった場合、どうすればいい?

      *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*



      ☆きょうのおすすめ商品☆
      大切な犬や猫と安全に避難するための「ペットのための防災セット」
      詳細はこちら。

      ↓ ↓ ↓

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.09.30 Wednesday
        • -
        • 08:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        PR

        アクセス解析

        円高

        selected entries

        search this site.

        categories

        archives

        recommend

        links

        profile

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM